ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 寺子屋との出会い

寺子屋との出会い

寺子屋みなてらすの米田です。

ことの発端

様々な理由によって
学習困難な子どもたち(金銭的理由や不登校などの
理由により学習機会に恵まれない地域の小中学生)が
たくさんいる!救いたい!

そんな思いから、GCストーリーの社員である
三宅と渡邊が活動を開始しました。

そして、地域の方、既に学習サービスを
行っている方の協力もあり、
「寺子屋みなてらす」が出来上がりました。

事業の目的は、「地域で子どもを育てる場」を通じて、
子どもたちが自分自身の夢・可能性に
対して進んでいけるようになること。

地域の多世代交流の場である
「よっちゃん家」という施設をお借りして
週に一度活動しています。

参加した理由

渡邊と三宅がこの活動をスタートさせていたことは
随分前から知っていました。「わ!良い活動!」と、
第一印象ですぐに感じたのを覚えています。

僕は元々、大学で教育学部に通っていて、
教員を志していました。その影響もあり、

・児童クラブの先生
・家庭教師
・学校現場での学習支援
・サークル活動(地域の子どもにイベント提供)

振り返ってみると、子どもが好きなこともあり、
たくさんの活動を行っていました。笑
これらの経験から気づいていたことがあります。

いつも目にとまり、パワーを割いて
寄り添っていた子どもたちには共通点がありました。

・いじめにあっている子
・不登校気味な子
・発達障害によって学習、学校生活に困っている子

そんな自分が関わりたい対象と、寺子屋みなてらすの
学習支援対象の子は重なる部分が多くありました。

なので、ある日寺子屋みなてらすの
学習ボランティアの募集がかかったとき、
「それやらせて!やりたいです!」と自然と
口に出していました。

 

実際に活動してみて

活動を開始してからもう3ヶ月が立ちます。
毎週土曜日の約半日という時間を使うこともあり、
「貴重な休みがーー」と始める前は思ったりもしたのですが、
実際は全然苦にならず、むしろプラスにしか働いていません。
(子どもたちが、週毎に変化していく様子を見るのがもうたまりません。。)

「命を燃やすとはこういうことか、自分がやりたいことを行うのはこんなにも気持ちがいいのか」

このように感じ救われているのは僕だけではありません。

他の地域のボランティアさんたち(元教員、現役学習支援者、大学生)も、
笑顔で心地よく活動しているように見えます。

子ども・運営・ボランティアこれからも関係者全員が笑顔で活動できるよう
努めていこうと思います。

関連記事

月を選択

アクセス